日本&海外のテニス大会と楽しさとオリンピック

テニスボール

海外のテニス大会で大きな大会と言えば全豪、全仏、全英(ウインブルドン)、全米の4大大会ではありますが、4年に1回国を背負って行われているオリンピックでのテニス大会も目が離せません。

4大大会では3セット先取ですが、オリンピックでは2セット先取とセット数が少なくなっております。しかし、4大大会とは違い国を背負って戦う分とテニスに興味を持っていない方でも見られていると言った緊張感が見られます。特に地元選手への応援は物凄く、2012年ロンドンオリンピックを制したアンディ・マレー選手への応援は計り知れないものがありました。

日本の選手では誰もが知っている錦織圭選手がロンドン、リオデジャネイロ大会で出場しております。ロンドンでは振るわなかったものの、リオデジャネイロではナダル選手に勝って銅メダルを取ったことは記憶にも新しいところです。

2020年の東京大会では錦織圭選手はもちろんのこと、若手選手も育ってきているのでどの選手が出てきてもおかしくない状況です。また、女子選手でも強い選手が続々と出てきております。シングルスだけではなく、ダブルスや混合ダブルスでのメダル獲得が期待される2020年。今後も日本のテニス界から目が離せません。

テニスプレイヤー

テニスはブックメーカーで楽しさアップ

スマホ テニスボール

テニスのブックメーカーはとても人気があります。特にライブベッティングは。テニスはゲームのチェンジが早く、何回も連続して賭ける事ができる事から、多くのファンから人気を集めています。

日本人選手にもブックメーカー テニスでは賭ける事ができます、注目すべき選手は、男子では錦織圭選手、女子では大坂なおみ選手でしょう。この2選手が出場する大会も当然多くのオッズがあり、ライブベッティングもありますので、ブックメーカーのサイトを見てみてください。

テニスは日本で考えられているよりも人気が高いので、ブックメーカーも多くのオッズを用意し、多くのユーザーを集めようと競争になっています。よって勝敗予想のオッズは、いろいろなブックメーカーで比較してから、送金手数料などを計算に入れて、一番有利なブックメーカーで賭けるのがいいでしょう。高オッズだったとしても、手数料が高ければ意味がありません。

日本では認知度が低いブックメーカーですが、海外では多くのユーザーが勝敗予想を楽しんでいます。
日本からでもブックメーカーには気軽に参加できるので、テニスはブックメーカーでも盛り上がるスポーツなので、挑戦してみる価値はあります。

日本最高峰のテニス大会 ジャパンオープン

テニス スコア

日本最高峰のテニス大会はジャパンオープンです。この大会で文字通り日本で一番の選手が決まるといってもいい大会ですから、これはテニスファンの間ではかなり盛り上がるテニス大会になっています。

日本のテニスのレベルは世界でもかなり上がってきていて、世界からも注目され始めています。特に最近は若い時からクラブチームに入ってテニスをしているという人も多いので、そうしたレベルの高い選手が登場するというのも大きな魅力です。

日本のトップ選手は今では世界でも通用するレベルになってきています。錦織圭選手は世界ランキングでトップファイブに入るまでになりましたし、後に続く選手も出てきています。これまでは世界では勝てないと言われてきたのですが、今はそうしたことはないのです。

そして、このジャパンオープンぐらいになると、プロが注目する選手もいろいろと出てくるので偵察などもあったりとさまざまな思惑が見られるところも面白いところです。この大会ではジュニアの部やベテランの部などもあるので、そうしたところを見るのも面白いでしょう。特にジュニアの部はこれから世界に出ていくであろう若い世代がしのぎを削っているので見ていて面白いものがあります。

テニスラケット